本業の就業規定に副業禁止の項目が!!ネットワークビジネスで収入を得たらどうなる! - ネットワークビジネスで成功するための秘訣とは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本業の就業規定に副業禁止の項目が!!ネットワークビジネスで収入を得たらどうなる!

長引く不況で、給料は上がらない、ボーナスが少ないもしくは出ないってことがある現代。

本業である会社からの収入だけでは生活が苦しい方って、結構いるのではないかと思い

ます。

その不足分をネットワークビジネスなどの副業でって考える方がいるかと思います。

でも、会社の就業規定で副業禁止されているって方が結構いるのではないでしょうか?

まず、この就業規定での副業禁止についてですが、この副業禁止規定自体が無効だそう

です。

副業は職業選択の自由で保障されているそうです。

人事担当の人は、周知の事実だそうです。

では、なぜ、就業規則に副業禁止があるのか?

本業の方に影響を及ぼしかねないからなんです。

なので、本業に影響のない限りはOKってことです。

【参考記事】
http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/136.htm

 

ネットワークビジネス_副業禁止

それでも、会社のばれるのはちょっとって方。

まず一つの方法として 他の人の収入にしてしまうことです。

例えば 専業主婦の奥様の名前で登録をされるとか。

ただし 社内規定をクリアできても 奥様の所得金額によっては、各種手当ての減額や税金の

増加・奥様も社会保険料を支払わなければならなくなるといった可能性も出てきますので

注意が必要です。

そして、もう一つの方法として 住民税を普通徴収にすることです。

自ら副業をしていることを言わない限り、自社の社員が副業をしていることを会社が知る

唯一の方法は『住民税』の金額のみとなっています。

あ、同僚にバレ、会社に知られた場合は。。。どうしようもないです。

会社員の場合、全ての住民税が給与から天引きされる『特別徴収』なので、給料が同程度の

他の社員よりも、自分の住民税が多かったら、おや?って会社は思います。

そこから、副業をしていることが会社にバレてしまうかもしれません。

しかし、会社給与の分の住民税のみが会社に請求され、それ以外の所得に対する住民税は

個人に直接請求されるという『普通徴収』という制度があるので、これを利用すれば、

会社が知ることができるのは、【給与所得に対応する住民税の金額のみ】ということになり

ます。

つまり 給料が同じ程度の他の会社員と同じ住民税ってことになります。

副業で得た収入に対し、『普通徴収』にしていれば、自分が副収入を得ていることは会社

には分からず、副業をしていることがバレることはほとんどありません。

この『特別徴収』と『普通徴収』は所得税の確定申告書に住民税の特別徴収と普通徴収の

一方を選ぶ小さな欄があります。

ここで、必ず『普通徴収』の方に丸を付ければOKです。

ここで、特別徴収を選択したり どちらにも印がない場合には、特別徴収の取り扱いと

なるので注意が必要です。

ただ、副収入には、不動産や株などで得た利益も含まれるので、住民税が多いからって、

副業しているって判断は難しいですね。

それに、会社の規定で副業禁止ってあっても、本業に影響を与えなければ、問題ないので、

びくびくしながら副業する必要はないかと思います。

終身雇用が崩壊した現代、非正規で働く人が増えている現代、普通に働いていても生活は

安定、向上はしないのではないでしょうか?

やはり、本業以外の収入源は、これからの時代必要です。

副業はやるべきだと思います。

色んな副業がありますが、私はインターネットを使ったネットワークビジネスを薦めます。



ネットワークビジネスで成功するためには?






あなたはダウンが出来なくて困っていませんか?

100人リストアップなんてできないし、そんなに友達はいない

勧誘した友達にとても嫌な顔をされてショックだった

日曜日にセミナーに出席しなければいけないので、休みがない

そんな悩みがあったらすぐに解決する方法があります!

       今すぐこちらをクリック!↓↓↓

bana5.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。